MENU

女子日本代表:FIBA女子ワールドカップ開幕!日本vsスペイン戦展望『一緒になって戦っていきます』大神雄子氏(JBAアンバサダー)

 「FIBA 女子バスケットボールワールドカップ2018」は開幕を迎え、予選ラウンドがスタートしました。AKATSUKI FIVE 女子日本代表は、日本時間の明朝23日(日)4時よりスペインと対戦。開催地となるスペイン・テネリフェにはJBAアンバサダーの大神雄子氏も来ており、「BS-TBS」の中継では現地リポートを担当します。また、大神氏自身のFacebookでも現地情報を発信していただいていますので、ぜひご覧ください。

 大神氏にスペイン戦、そして予選ラウンドについての展望を伺いました。

 いつでも初戦が大事になります。それは日本の選手はもちろん、相手にとっても同じことです。トム(ホーバスヘッドコーチ)もリツ(髙田真希選手)もモエコ(長岡萌映子選手)も、しっかりコメントで初戦が大事であることを言葉にしていました。それは自信の表れだと思います。

 初戦に勝って波に乗りたいのは、どのチームにとっても理想です。それを求めてずっと準備してきたわけです。トムも言ってましたが、日本にとっては次の試合も大事であり、何よりも今日が20時の試合ですがベルギー戦は翌13時半(※いずれも現地時間)とすぐにやってきます。2戦目もキーになるので、なんとかスペイン戦に勝って翌日を迎えるのが選手のメンタリティーにとってもプラスになりますし、若いチームだからこそなおさらです。勝ちにこだわって、開幕戦は戦って欲しいです。すごく良い練習をしてきたので、すごく楽しみです。

ーースペイン、ベルギー、プエルトリコの印象は?

 スペインは、やっぱり#7アルバ・トーレンス選手ですね。それ以外にもなんでもできる選手が多く、#10マルタ・シャルガイ選手も同じような選手であり、的を絞れない──それが今のスペインの強さです。そして、日本でどれだけ準備をして来ても、適応できてしまうのがベテラン選手の上手さです。それを知っているからこそ、スペインが世界で2番目に強いチームである証です。その強さを見られるのも楽しみですし、それをどう若い日本代表が阻止していくのかにも期待しているとともに、そこが勝負の分かれ目になると思います。

 ベルギーとプエルトリコは両チームとも初出場であり、どんなチームでどういう戦い方をするのかは未知数です。勢いがある可能性もあり、どっちに転ぶかは分かりません。トムはしっかり準備しているので心配はしていませんが、気になるチームです。プエルトリコはオリンピック世界最終予選に出たことはありますが、ベルギーにとってはこれが本当に初めての世界大会です。昨年のヨーロッパ予選3位のベルギーは強豪であることは間違いありません。そう考えると常に均衡した試合を続けているヨーロッパは、地域全体で切磋琢磨し、レベルアップしているのが手に取るように分かります。

ーー女子日本代表へエールを!

 リツも言ってましたが、この試合で終わるわけではなく、絶対に次につながっていきます。もちろん日本代表という立場としては結果を求める場所にはいますが、ひとつの経験としてみんなのバスケットキャリアにとって、今後につながるきっかけにするというぐらいの気持ちで戦って欲しい、と先輩として思っています。

 この決戦の地に私も来ている以上はしっかり応援し、一緒になって戦っていきます。アウェーの地で、一人でも多くの日本人が声援を送ることは選手たちの力になります。一生懸命応援します!

■FIBA 女子バスケットボールワールドカップ2018 大会概要

【日程】
2018(H30)年9月22日(土)〜30日(日)

【開催地】
スペイン・テネリフェ
(会場:Pabellón de Deportes de Tenerife Santiago Martin
    Palacio Municipal de los Deportes Quico Cabrera)

【出場チーム】 ※16チーム
[グループA] 韓国、ギリシャ、カナダ、フランス
[グループB] オーストラリア、トルコ、アルゼンチン、ナイジェリア
[グループC] 日本、プエルトリコ、ベルギー、スペイン
[グループD] ラトビア、アメリカ、セネガル、中国

【予選ラウンド 試合日程】※日本時間
9月23日(日)4:00 日本 vs スペイン(Santiago Martin Arena)
9月23日(日)21:30 日本 vs ベルギー(Quico Cabrera Arena)
9月25日(火)19:00 日本 vs プエルトリコ(Quico Cabrera Arena)

※本大会の優勝チームは、2020年東京オリンピックの出場権を獲得
※各グループ1位は決勝トーナメント準々決勝(ベスト8)に進出、同2位、3位チームがA-B、C-Dの組み合わせでたすき掛けのベスト8進出決定戦を行う。

【試合中継・配信】
「フジテレビNEXT」
「BS-TBS」
「DAZN」

page top